あなたの街の素敵な女性たちを一人ずつご紹介しています。

« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月18日

大楽 淑恵さん/Ocean ChalkArt Factory

200905-1.png

■チョークアートとは?
チョークアート・・・?学校の教室にあるチョークで描くの・・・?チョークアートと聞けば、このようなものを想像されると思います。ところが見てビックリ!真っ黒なブラックボードに色鮮やかなパステルで描かれたお花や食べ物はとてもインパクトがあり、だれもが驚きます。

チョークアートはオーストラリアが発祥の地で、レストランやバーのメニュー看板や結婚式のウェルカムボードなどに利用されています。チョークアートの特徴は、何色ものパステルを使用して指でグラデーションをつくり、色鮮やかで立体的に仕上げます。また、木のボードを黒く塗り、下絵を描いて色をつけていく。最初から最後まで、全ての工程がハンドメイドなのです。出来上がった作品はとても温かみがあり、世界に一つのオリジナルボードとなります。

200905-2.png

■チョークアートとの出会い
学生の頃、3週間ほどカナダへ行ってきました。毎日通る道沿いに小さなカフェがあり、その店頭にインパクトのある看板をいつも見ていました。
「かわいい〜!!」よく見るとその看板は手描き。とても驚き、なんだかハッピーになったのを今でも鮮明に覚えています。
帰国後、ワーキングホリデーについてネットで調べていた時、「オーストラリアでチョークアートを!」という文字を見ました。その横にある写真は紛れもなく、あのカナダで見た看板と似ている!チョークアートという名をそこで初めて知りました。
その後、湘南でチョークアートを教えていることを知り、すぐに申し込んでレッスンに通いました。
現在、KANA ART STUDIOプロコースを修了し、大好きな地元に戻ってOcean ChalkArt Factoryの屋号を掲げて活動しています。

■チョークアートへの思い
あのカナダで味わったハッピーな気持ちをおすそわけしたい。そんな気持ちで活動をしています。
ご注文頂いた方から頂いた要望、雰囲気、カラー・・・たくさんのイメージをまとめて、世界に一つの作品に仕上げていきます。全てハンドメイドで温かみのある作品に仕上がった看板をご覧頂くと、皆さん興奮して声をあげて下さいます。そんなときが「やった!」と感じ、その一瞬がわたしのハッピーでもあります。
わたしにとってチョークアート活動は、ハッピーをお届けし、ハッピーを頂いているのです。だから、気づけばやみつきになっていました♪

■これからの目標
チョークアートはまだまだ知られていないアート。実は「こんなにハッピーになれるのに・・・」という思いでウズウズしていたりもします。
一人でも多くの方に見ていただけるよう、これからも描き続けます。
チョークアートを見た方や街が明るくなればと思っています。
また、「チョークアートを描いてみたい!」という方のために、教室の開講も目標の1つです。見るだけでなく、描いてハッピーになれるのもチョークアートの特徴と思っています。
「チョークアートでハッピーに!」これがわたしの合言葉です。

このブログが気に入ったらクリックしてね!
ランキングがあがると嬉しいです♪

[DATE] ----------------------------------------

大楽 淑恵
Ocean ChalkArt Factory
CAA日本チョークアーティスト協会会員
E-mail/info@ocean-chalkart.com
URL/http://ocean-chalkart.com

200905-3.png

投稿者 green_heart : 10:19 | コメント (0)