あなたの街の素敵な女性たちを一人ずつご紹介しています。

« 朝倉 香絵さん/マリンバ奏者 | メイン

2018年08月15日

和田 治子さん/ハル ホリスティック セラピー 代表

201808-1.jpg


初めまして、和田治子と申します。
温熱セラピー、栄養カウンセリング、酵素療法を通じたホリスティック(総合的)セラピーによる心と身体の健康増進サポートを行なっています。

皆さまは 健康 と言う言葉から何をイメージするでしょうか?
多くの方は、病気や怪我では無い状態をイメージされるかと思います。しかし、それだけでは、真の健康とは言いきれません。
WHO(世界保険機関)は、健康やウェルネスを「病気でない、弱っていないということではなく、肉体的、精神的、そして社会的に全てが満たされた状態であること」と定義付けています。

私たちHaru Holistic Therapy(ハル ホリスティック セラピー)が目指すのも、『心身の健康にかかわる全ての面が良好で、QOLが高い状態』、即ちホリスティック・ウェルネスの実現です。

当セラピーは、 ホリスティック&リラクゼーション をキーワードとしています。 ホリスティック (Holistic)の語源は、ギリシャ語のholos(全体性)であり、繋がり、バランス、包括的という意味で使われます。表に表れている体調や症状だけに注目するのではなく、その原因となっている心身の状態をホリスティック(統合的・全体的に)に捉え、バランスを回復するような施術とカウンセリングを行っていきます。

リラクゼーション は、文字通りリラックスすること、心と身体を緩めていくことです。温熱セラピーはもちろんのこと、食や栄養の消化吸収、酵素の説明など、ともすると難しく感じがちな内容のカウンセリングに於いても、リラックスして楽しんでいただくことを大切にしています。人はどんなに有益な情報を与えられ、素晴らしい栄養素を摂取したとしても、心が不安や不満、怒りや悲しみで満たされ、体が冷えて緊張した状態では、せっかくの良きもの、良き想いを活かすことができません。まずは、副交感神経を優位に導き、その状況下でコミュニケーションをとることこそが、ホリスティック・セラピーに欠かせないものと考えます。

温熱セラピー は、身体を温めることで、心身をリラックスさせ、心と体の機能バランスを整える究極のリラクゼーションであり、ホリスティック・ヒーリングです。ご自身を内観していく大変良い時間にもなります。

温熱療法には様々な様式がありますが、当温熱セラピーでは、遠赤外線、マイナスイオン、ラジウムが放出される岩盤ベッドに横になり、ミネラル鉱石を用いた温熱器を使用して、全身の経絡に沿って温めていきます。
この際に採用するのが セラピューティック・タッチ と言われる、手当て療法です。セラピューティック・タッチは、世界80カ国以上の医療現場で採用されている、「人間の生命エネルギー場」を整えるメソッドと言われています。何か不思議な印象を受けるかもしれませんが、温熱器を介してエネルギーや愛情を感じ取っていただける、「手当て」そのものをしているかのような施療と、ただ患部を温めていく施療では、受けていただく方がその違いに一番気が付くと思います。

温熱セラピーには、以下のような効果の実例があります。
自律神経機能、ホルモン・バランスの調整
・体内の深い部分に熱を加えることで、自律神経が刺激され、副交感神経が優位に働き、リラクゼーションにつながります。その結果、ホルモン・バランスが整い、生理不順、不妊症、更年期障害などが改善される。

病気からの回復、病気に罹りにくい体に
・身体を温めることで、免疫力の核になるリンパ球が増加します。また、HSP(Heat Shock Protein)=熱ショックたんぱく質の増加による体内たんぱく質の修復効果により、自然治癒力を高め、病気や怪我からの回復を早めます。

デトックス(解毒)効果
・血行が良くなると、局所に滞っていた老廃物や有害物質が体内を流れるようになります。更に発汗を促すことにより、老廃物を体外に排出していきます。当温熱セラピーでは、ホルミシス効果のある遠赤外線岩盤ベッドを使用し、通常の汗腺からだけでなく、その奥にある皮脂腺から発汗させることで、より効果的なデトックス(解毒)を促進します。

疲労回復、疲れにくい身体に
・身体が温まると、脳内モルヒネと言われるエンドルフィン(神経伝達物質)の分泌が促進され、疲労や痛みが緩和されます。脳を活性化し、精神的ストレスの解消にも効果があります。

病気予防、回復、QOLの向上に必要なものは、
@ 適切な消化吸収
A 適切な血液循環
B 十分な解毒排泄

このプロセスの全てに関わっているのが 『酵素』 です。私たちは、タンパク質や炭水化物、脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素を食事から摂取し、これらの材料を使い、体を構成、維持、病気を回復させます。酵素の役目は、触媒作用で、体内で行われる化学反応をスピードアップさせる役割です。酵素がなければ、消化をはじめ、細胞の修復など体内の化学反応に、何日、何ヵ月、何年の月日がかかるか分かりません。つまり、生命維持、健康維持に酵素を欠かすことはできず、酵素が適正に働く環境を整えてあげることが重要になります。

『酵素』と温熱セラピーの関係 は、
温熱セラピーにより、
・体温を上げ、酵素の活性を高める。
・体が温まることにより、血液の流れが改善されて、細胞の隅々まで酸素や栄養素、酵素が行き届く。
・副交感神経が優位になることで胃酸や酵素の分泌が促進され、消化が進む。
・発汗による老廃物の排泄により、細胞機能が正常に働きやすくなり、体内の消化酵素、抗酸化酵素の働きが高まる。
などが挙げられます。

心身の健康には、栄養や睡眠、運動のみならず、思考から呼吸、姿勢、体温、血流、生活リズム、外部環境に至るまで、多くのことが影響します。このうちの何をおろそかにしても、ウェルネスを保つことは難しく、まさにホリスティックに心身の状態を観察し、整えることが必要不可欠です。

又、人は皆、異なる 「体質」 を持つと同様に、「心質」 と云われる「心の癖」「思考の傾向」があります。セラピストが患者さんの特徴を把握することはもちろん大切ですが、更に大切なのは、患者さん自身が自分を見つめ、自身の体質や心質を理解することです。主体は常に自分自身でなければなりません。それを踏まえ、その方に相応しい、無理のない持続可能な健康法をご案内していくのがセラピストとしての役目です。良きコミュニケーションを通じて、過去と現在から不調の原因を探り、良き未来に向けて、心身のバランスを整え、本来自分自身がもつ自然治癒力を発揮できるよう寄り添っていきたいと思っています。

201808-2.jpg

=============================================

Haru Holistic Therapy
ハル ホリスティック セラピー
代表 和田治子
米国NTI認定栄養コンサルタント、米国フィトメディックラボ認定酵素・栄養セラピスト、アドナイエレ認定温熱施療師、通訳案内業国家資格(英語)

東京都新宿区西早稲田2-18-23 スカイエスタビル1102
Tel/Fax: 03-6205-6244
Email: hholistictherapy@shirt.ocn.ne.jp
時間: 日曜日〜木曜日 10:00〜18:00
定休日: 金・土・祝日

完全予約制になっております。お問い合わせ、ご予約は、お電話又は、メールにてお願い致します。

投稿者 green_heart : 2018年08月15日 09:10

コメント